FC2ブログ

2019年度第3回関東例会(2019年10月5日)議事録

第一報告(13:35~15:15)
報告者:勅使河原章氏(東京外国語大学大学院)
コメンテータ:菊池陽子氏(東京外国語大学)

報告題目:仏印処理後のインドシナの諸相―ラオス駐在ベトナム人行政官帰国問題とベトナム在住ラオス王子の帰国要請を通して

コメンテーターによるコメント
■仏印は、フランス植民地政権と日本による共同統治が長く続き、1945年3月9日からの仏印処理後、日本の単独支配となった。数年間日本の軍政地域であった他の東南アジアでは、戦後50年の時に資料集の作成や、証言の聞き取りがなされた。しかし、仏印に関しては戦後50年の時にそのような作業がなされず、当時の研究するにあたっては個別に史料を探していかなくてはならない。また、これまでの仏印研究は、ベトナムの個別研究が中心で、ラオスやカンボジアに関しては資料の所在すら検討されてこなかった。 
他の東南アジアとは異なり、仏印は軍政が敷かれず、外交官が活躍しうる余地があった。しかし、日本本国の本省や現地との関係性については明らかになっていない。特に、日本の単独支配の時期に、ベトナム・ラオス・カンボジアの三国間に対して外交的な調整を行った責任者は誰なのかも分かっておらず、史料の有無や所在も確認されていない。

■日本の軍政が一定期間敷かれたラオス・カンボジアでは、第二次大戦後ナショナリズムが昂揚する。多くの研究者は日本の軍政期を、ナショナリズム萌芽の時期として捉えているが、史料がなくその内実は明らかになっていない。戦後70年以上たった今、体験や証言を集めるのが困難な状況のなかで、今後何を史料とし、どのような方向性で研究を進めていくか検討する時期に来ている。今回の勅使河原さんの発表はわずかな史料をもとに構成され、想像の余地が大きい結論が導かれている。しかし、現地のこれまで使われてこなかった史料を掘り起こして研究をするという、一つの方向性を示せたのではないか。

フロアからの質問やコメント
■当時ラオスで働く「外回りで働いている公務員、職人」階層のベトナム人は、何語で
現地のラオス人とやり取りをしていたのか。
=>仏印期のラオスは、都市人口の6割~7割はベトナム人が占め、ラオス人は圧倒的に少数。行政語としてラオス語は機能していなかったのでは。またベトナム人は都市で仕立屋や靴屋などを営んでおり、ベトナム人にとって日常生活のなかでもラオス語習得の必要はない。1941年の資源調査団のラオス訪問時には、働いている人の大半がベトナム人だったとの記録も残っている。

■スパヌボンが、ベトナムの公共事業に携わっていたとあるが、彼はベトナム現地の人とベトナム語でやり取りができたのか。
=>スパヌボンは、ベトナムの中学校と高校を卒業しておりベトナム語ができたのは確実である。

■「ベトナム外務省の職員は塚本ではなく横山正幸に行政官帰還問題について相談していることから、横山がある程度の権限を持っていた」とあるが、ベトナム帝国管轄下のベトナム外務省であれば、総督府の塚本ではなくベトナム帝国の最高顧問の横山に相談するのは当然ではないか。また、行政官帰還問題に関して、ベトナム側と日本側のそれぞれ意向が示せるような史料は見つかったのか。
=>インドシナ総督府の塚本まで本件はあげられずに、横山が最終決裁をしていることから、横山が一定の権限を与えられていたのではないかと考えている。

■横山正幸が行政官帰還問題を決裁したからといって、彼が内実を熟知して決断したとは言えない。横山の当時の役職は軍の嘱託であり、一人の外交官として活躍できるような状況ではなかったことも踏まえておくべき。
「ベトナム人の再雇用に関してはフランス人を解雇してベトナム人を雇用しようとした」
とあるが、それは可能性の話であり、史料がないなかで結論づけるのは慎重になるべき。

■「日本政府」と書いているが、どの機関を指しているのか分からないので、用語について精査するべき。聞き手には行政官帰還問題は見通しが立たずに、場当たり的に対応しているように見えてしまう。今後、どのような方向性で進められていたのか示すべき。

■「ベトナムの行政で重要な役割を果たしているラオス王族はベトナムにとどめる」ことが、
ベトナムのナショナリズムの現れだとしているが、なぜその2つが結びつくのか理解しづらい。

■スパヌボン王子の帰国要請についても、サワン皇太子からの電報と、1ヶ月後の塚本からの電報の2つしか見つかっておらず、経過が分かる史料が出てきていないため、まだ系統だった結論をだせないのではないか。



第二報告(15:45-17:45)
報告者:川島緑(上智大学名誉教授)
コメンテーター:菅谷成子(愛媛大学)

報告題目:「19世紀~20世紀初頭ミンダナオ島ラナオ地方における紙の流通 ―イスラーム写本に使用された紙の検討を通じて―」

 コメンテーターの菅谷氏は、スペイン帝国の統治は文書行政に支えられており、フィリピン統治に関する様々な文書がスペイン本国やマニラの公文書館に保存されており、その中にはフィリピン行政文書特有のデザインの文書もあることを指摘した。それに関連して、最近、マニラの公文書館では、スペイン統治期の文書は現物ではなくデジタル画像やマイクロフィルムで閲覧に供することになっているとの報告者の説明を受けて、紙を調査するためには文書の現物にあたる必要があるため、紙の研究は以前より難しくなっていることが確認された。そのうえで、スペイン政庁の紙の輸入に関する統計資料に関して、紙の種類の分類方法、単位の不統一、紙製品が紙の統計に含まれている可能性等についての質問がなされた。これに対し報告者より、1862年以前の紙の貿易統計にはこれらの問題点があるが、1863年からは紙の分類法が単純化され、単位も重量に統一されたため、1863年の統計を利用した旨、回答があった。菅谷氏は、中国から輸入された紙のなかには、紙巻きたばこ製造に使用されたものが含まれていることを指摘し、これに対し報告者より、貿易統計からは輸入時点で申告された紙の種類はわかるものの、実際にどのような用途で使用されたからは不明であるとの回答があった。さらに、スペイン領フィリピンとミンダナオとの間の沿岸交易の実態や、ミンダナオにおける紙の流通の担い手に関して質疑応答が行われた。
 フロアーからは、港市に輸出用産品を供給する内陸部後背地では、様々な人や情報が行きかう港市におけるよりも宗教運動が急進化しやすいという特徴があり、その点においてラナオ地方とスマトラ島ミナンカバウの間に共通性があるというコメントがあった。また、東南アジア大陸部の貝葉文書・折本との比較の観点から、紙製の写本の耐久性や保存状況を問う質問や、異教徒が製造した紙をイスラーム文書に用いることについてイスラームの観点からどうみるのか、知識伝達の媒体としてではなく、モノとしての紙にはどのような意味があるのか、20世紀に入ってからの紙の輸入先や種類の変容など、多岐にわたる質問があり、これらをめぐって活発に議論が行われた。(文責:川島緑)


2019年度第2回関東例会(2019年6月15日)議事録

2019年6月15日に開催されました、2019年度第2回関東例会の議事録を掲載いたします。

合評会
長津一史著『国境を生きる:マレーシア・サバ州、海サマの動態的民族誌』木犀社、2019年

プログラム
司会:石井正子氏(立教大学)
15:00-15:40 報告 長津一史氏(東洋大学)
15:40-16:00 コメント1 鳥居高氏(明治大学)
16:00-16:20 コメント2 津田浩司氏(東京大学)
16:20-16:40 休憩
16:40-17:00 コメント3 鈴木佑記氏(国士舘大学)
17:00-18:00 ディスカッション

 本合評会では、まず長津氏が著書の要約を報告した後に、マレーシア政治研究の立場から鳥居高氏、東南アジアのエスニシティ論の立場から津田浩司氏、海民研究の立場から鈴木佑記氏がコメントを発表し、ディスカッションを行った。
 海サマは、東南アジア島嶼部のインドネシア、マレーシア、フィリピンにまたがって居住している。長津氏は、1997年から1999年にかけて、フィリピンとの国境地帯に位置するマレーシア・サバ州センポルナ郡カッロン村で臨地調査を行い、史資料調査とあわせて『国境を生きる:マレーシア・サバ州、海サマの動態的民族誌』を執筆した。
 センポルナ郡カッロン村の海サマと国境との関わりを調査しようと思ったきっかけは、フィリピン側に生きる海サマとの社会文化面での顕著な違いであったという。長津氏は、マレーシアで調査を行う前に、フィリピン・スル諸島の海サマ社会で短期調査をおこなった。カッロン村から90キロメートルしか離れていないタウィタウィ州シタンカイ町では海サマは、きわめて可視的に周縁化されていた。これに対し、マレーシア側の海サマは社会的にも、経済的にも陸サマや他の民族集団と同等の地位を獲得し、地方政治で主要なアクターになっていた。とりわけ驚いたのは、カッロン村の海サマが地域社会で広くムスリムとして認められていたことであった、という。フィリピンの海サマはいまも「アッラーに祟られた民」として差別され続けている。
 こうした気づきから、長津氏は国境が民族に与える社会文化的な意味を、実際に国境に生きる人々の視点から探ろうとカッロン村で定点調査を開始した。すると、そこに浮かびあがったのは、国民や民族など国家が提供する制度に囲い込まれつつも、逆にそれを社会上昇のために利用するなど柔軟に対応し、自らの社会や文化を再構築してきた海サマの姿であった。『国境を生きる』では、このように近代国家に対峙しながら国境を生きてきた海サマの社会文化動態をひとつの民族誌として描きあげた。
 長津氏の著書に対し、鳥居氏は、マレーシア中央政府の政策が国家の周縁部サバ州のコミュニティにあたえた影響を実証的に示した貴重な人類学的研究であるとその意義を評価した。津田氏からは、民族という概念を「海サマ」といった通念上の枠組に限定するのではなく、差異に起因する様々なレベルのエスノジェネシスの過程として捉えてはどうか、という問題提起がなされた。鈴木氏は、タイとミャンマーの国境社会を生きる海民モーケンのあいだにも、海サマに見られるような儀礼の衰退と再編が起こっていると比較研究の展望を述べると同時に、国境がもたらす経済活動への影響を同書の射程に入れる必要性があったのではないかと指摘した。
 長津氏が3名のコメントに応えたのちには、サバ研究、フィリピン研究を専門とする参加者からの質問も寄せられ、活発な議論が行われた。締めくくりとして長津氏がフィールドで撮影した貴重な儀礼の映像が共有された。
(文責:石井正子)

2019年度第1回関東例会(2019年5月18日)議事録

2019年5月18日に開催されました、2019年度第1回関東例会の議事録を掲載いたします。

第一報告(13:30~15:30)
報告者:加藤久美子(上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科・日本学術振興会特別研究員)
コメンテーター:伊藤眞氏(首都大学東京人文科学研究科客員教授)

報告題目:「インドネシア・スラウェシのバジョ集落における儀礼とバジョ起源説」

コメンテーターによるコメント
 まず報告者の研究、および今回の報告の意義として、これまでに民族誌的研究がほとんど行われてこなかった空白地帯(南東スラウェシ)において調査を行ったという点が挙げられる。特に今回の儀礼に関する報告は、南東スラウェシの民族誌的資料を填補するものである。
① 儀礼の名称について
儀礼という文化的行為を正当化する際にブギスの名前が語られているということだが、報告された儀礼の名称等にはほとんどブギス語に関連するような言葉は見当たらない。どちらかというと、インドネシ語なまりの言葉が使われているように思う。今後、研究や調査をしていく上で、こうした言語的な識別、語源というものに関しても慎重になるべきである。
② 後産の処理を重要視する出産儀礼に関して
 ブギスでは、後産の処理を椰子殻などに入れて若い椰子の実とともに地中に埋める。その椰子の成長と子供の成長が比例して考えられている。ブギスの後産の処理では、その後産を儀礼的に殺すという解釈が行われ、その死んだ者が守護霊になると考えられている。後産(羊膜と胎盤)だけでなく、羊水や血液、へその緒などが人格化し、精霊化するという見方はブギスだけでなく、かなり広い地域でみられる。バジョの後産の処理では重しとなるような石を付けて沈めているが、この習慣的行為がどういう認識で行われているのか。
③ バジョ起源神話に関して
 バジョの神話については、すでにいくつか研究がある。バジョの神話で特徴的なのは、Putri Hanyut(彷徨う王女)というものが特徴としてある。Gaynorは、バジョの神話についておおよそ二つの種類があるとしている。一つは、ブギスのルウから大洪水によって流されるものと、もう一つはJohor起源の話である。ジョホール起源の話には、さらに二つのパターンがあり、ジョホールの王国の王女が流される説とジョホールにいたバジョの首長(Papu)の娘が流されるという説がある。さらに、ジョホールから流されて辿り着く先は、ルウ、そこでブギスの叙事詩La Galigoに出てくる大木を切り倒す話と接続し、その際に起きた大洪水で再度流されるという話に続いていく。
 こうした神話や起源説は南スラウェシにたくさんあるので、この中でどういう位置づけで、モラの起源説がどういう特徴がでるのかということを考えていく必要がある。ブギスとかマカッサル、他集団の王国の名前というものがバジャウの歴史の中で定点となっていることを踏まえ、移動する集団の歴史という側面を見ていくと特徴が出るのかもしれない。あるいは、少数民族としてバジョの立ち位置を探る中で、マジョリティとの抗争があるのなら、そちらに着目することもできる。語りだけに特化してしまうと少し扱いが難しいと感じた。

フロアからの質問
① バジョの儀礼は、治療儀礼のみなのか。
バジョ集落で行われる儀礼の多くは「治療」という認識で行われている。こうした「治療儀礼」は、人間に対するものだけではなく、集落や海、舟(木材/森)を対象とするものがある。集落に対して行われる儀礼は、その安全を守るものであったり、海に対して行われるものは大漁を祈るものであったりするが、「治療(Obatan)」という括りで認識されている。舟の修理を請け負う船大工などの中には、舟(木材)に対する治療が施せる者もいて、棲みついた魔物を追い払うことで舟を修理する。今回は、調査不足と発表時間の関係で人間に対する治療儀礼のみをまとめた。
② フィリピン・マレーシアの先行研究と比較して儀礼など共通点があるのか。
 バジョの治療儀礼の中で最も大きいと言われるDuwataの儀礼はフィリピン・マレーシアの民族誌でも言及されている。しかし、管理する国家が異なるという状況の中で、こうした儀礼や慣習の実践が認められる地域とそうでない地域があり、慣習を禁じるような圧力や風潮の中で続けることは難しいと考えられる。しかし、近年のバジョの儀礼に関する研究が少ないため、異なる地域で現在どのような儀礼が行われているかはわからない。
③ モラで形成されるバジョのアイデンティティは、東南アジアに居住するバジョという意識であるのか。言語的な差異が大きく、文化的にも違いがあるのであれば、それぞれ異なる民族集団であるとも言えるのではないか。
 90年代のバジャウ研究の中には、各国に散らばったバジョが一つの集団としての意識を持っていないと言及するものもあった。しかし、近年の観光化の中で、「フィリピン・マレーシア・インドネシアに居住するバジョ」という言葉が広く使用されるようになったことと、フィリピン・マレーシアのバジョとの交流も皆無ではないことなどから、言葉や習俗に多少の差異があっても「バジョ/バジャウ」が一つの集団であるという意識が生成され始めている。少なくとも、報告者の集落では「バジョは世界中にいる」という認識がされていた。
(文責:加藤久美子)


第二報告(15:45~17:45)
報告者:川村晃一氏(アジア経済研究所)、増原綾子氏(亜細亜大学)、見市建(早稲田大学)

報告題目:(ミニパネル)「インドネシア選挙を読み解く」

川村氏は「大統領選と議会選の投票結果から」、見市は「社会運動と政治参加」、増原氏は「世論調査結果からみる政党支持者像」のタイトルで報告した。川村氏は、選挙速報の分析から、大統領選がこれまでで最も得票の地域的偏りが大きく、他方の議会選は最も変動の少ない選挙であったことを指摘した。見市は、社会運動の政治参加の事例として、福祉正義党(PKS)とインドネシア連帯党(PSI)に注目した。両党は、とくにジェンダーについて対照的な主張を行うことで、他政党からの差別化に一定程度成功したと主張した。増原氏は、2018年1月から2月にかけておこなった世論調査から、各政党の支持者の属性や思想的傾向などを分析した。例えば、国民民主(ナスデム)党は従来のイメージに反して、非民主的な意見や宗教的に保守的な傾向が強いことが明らかになった。

フロアからは、もっぱら今回の選挙の背景や捉え方について質問が相次いだ。例えば両大統領候補をポピュリストと捉えられるのか、大統領候補のプラボウォをより高所得者や高学歴者が支持する理由について、などである。川村氏はポピュリストの定義によるが、両候補は既存のエリートに攻撃的とはいえないと指摘した。見市は庶民出身のジョコ・ウィドド大統領とその大衆的な支持に対して、高学歴者が忌避する傾向があることを指摘した。
(文責:見市建)

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR