FC2ブログ

2019年度の報告者募集

関東例会は下記のとおり、2019年度の報告者を募集いたします。多くの方々のご応募をお待ちしています。特に締め切りは設定していませんが、早めの申し込みをお願いいたします。

◆ 概要
・関東例会では、コメントと質疑応答の時間を含め、各報告者に2時間という長い持ち時間が与えられます(報告60分、コメント10分、質疑応答50分)。討論内容は後日、関東例会のウェブサイトに掲載されます。ご自身の研究のアピールの場として、また多様な関心を持つ研究者からコメントやアドバイスを受ける場として、この貴重な機会をご活用ください。
・報告者は東南アジア学会会員に限定いたします。コメンテーターは学会員である必要はありませんが、報告者ご自身で依頼していただくようお願いします(どうしても探せない場合は担当理事までご相談ください)。
・ミニ・シンポなど通常報告とは異なる形態の申請も受け付けております。
・これまでの報告事例については関東例会ウェブサイトをご覧ください。 http://kantoreikai.blog.fc2.com/

◆ 開催日程:13時30分開会、17時45分閉会を基本とします。
(1)2019年5月18日(土)、(2)2019年6月15日(土)
(3)2019年10月5日(土)、(4)2019年11月9日(土)
(5)2020年1月18日(土)

◆ 会場:早稲田大学早稲田キャンパス19号館(アジア太平洋研究科) 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-21-1

◆ 応募方法:以下を記載の上、関東例会委員(kanto.reikai2019[at]gmail.com)にメールで申し込みください。[at]を@に替えてお送りください。

(1)氏名と所属、(2)発表希望日(第二希望まで)、(3)報告題目(仮題可)および報告要旨(300〜400字)、(4)コメンテーター(氏名、所属、メールアドレス)、(5)報告記録者(氏名、所属、メールアドレス)、(6)希望する使用機器(会場備え付けのWindowsノートパソコン、プロジェクター以外の機材を希望する場合はご相談ください)

◆応募の取り扱い:報告要旨を読んだうえで判断させていただきます。例会の運営上、報告の可否、日程についてご希望に添えない場合があります。また、要旨については書き直しをお願いする場合もあります。

◆ 報告記録:(1)関東例会では、例会の報告記録を、関東例会ウェブサイトに掲載しています。コメンテーターからのコメント、質疑応答のポイント、今後の課題等について、1200字から1500字程度でまとめたものです。(2)報告記録は、報告者自身でまとめていただくか、あるいは報告記録者を選んでご依頼いただくようお願いします。

◆ 懇親会:例会終了後、1時間程度の簡単な懇親会を開催いたします。

◆ 問い合わせ:関東例会委員 kanto.reikai2019[at]gmail.com

2018年度関東例会発表報告者募集

東南アジア学会会員のみなさま

2018年度も東南アジア学会関東例会をよろしくお願いします。

さて、関東例会では下記のとおり、2018年度の報告者を募集いたします。多くの方々のご応募をお待ちしています。特に締め切りは設定していませんが、早目の申し込みをお願いいたします。

■2018年度東南アジア学会関東例会報告者募集
・関東例会では、コメントと質疑応答の時間を含め、各報告者に2時間という長い持ち時間が与えられます。討論内容は記録され、後日、関東例会のウェブサイトに掲載されます。ご自身の研究のアピールの場として、また多様な関心を持つ研究者からコメントやアドバイスを受ける場として、この貴重な機会をご活用ください。
・報告者は東南アジア学会会員に限定いたします。
コメンテーターは学会員である必要はありませんが、報告者ご自身で依頼していただくようお願いします。(どうしても探せない場合は担当理事までご相談ください)
・これまでの報告事例については関東例会ウェブサイトをご覧ください。
http://kantoreikai.blog.fc2.com/

■2018年度の関東例会 開催日程・場所
2018年4月21日(土)4F セミナールーム
2018年5月19日(土)4F セミナールーム
2018年10月27日(土)5F セミナールーム
2018年11月17日(土)4F セミナールーム
2019年1月26日(土)5F セミナールーム

毎回13時30分開会、17時45分閉会。1回につき2報告

■会場
・東京外国語大学・本郷サテライトです。
・住所:〒113-0033東京都文京区本郷2-14-10
・TEL&FAX:03-5805-3254
・アクセス:地下鉄(丸ノ内線・大江戸線)本郷三丁目駅下車徒歩5分
・会場へのアクセスは以下をご参照ください。
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

■報告・コメント・討論の時間
・報告者は1回につき2名、途中に休憩をはさんで、それぞれ報告60分、コメンテーターによるコメント10分、フロアからの質問と討論50分を予定しています。

■応募方法
・関東例会で報告を希望される方は、関東例会連絡用アドレスの東南アジア学会関東地区担当・宮田敏之まで、下記の情報を明記して電子メールでお申し込みください。

関東例会連絡用アドレス:kanto-reikai☆tufs.ac.jp (☆マークは@に変えてください)

<記載情報>

・氏名と所属
・発表を希望する日を第2希望まで
・報告題目(仮題目可)および報告要旨(300~400字)
・コメンテーター(氏名、所属、メールアドレス)
・報告記録者(氏名、所属、メールアドレス)
・希望する使用機器(Windowsノートパソコン、プロジェクター、レーザーポインターのご用意が可能です。その他の機材についてはご相談ください。)

■応募の取り扱い
・報告要旨を読んだうえで判断させていただきます。例会の運営上、報告の可否、報告の日程についてご希望に添えない場合があります。また、要旨については書き直しをお願いする場合もあります。ご了承ください。
・グループによる申請(ミニ・シンポなど)も受け付けていますのでご相談ください。

■報告記録
・関東例会では、例会の報告記録を、関東例会ウェブサイトに掲載しています。
これは、コメンテーターからのコメント、質疑応答のポイント、今後の課題等について、1200字から1500字程度でまとめたものです。
・報告記録は、報告者ご自身でまとめていただくか、あるいは報告者ご自身で報告記録者を選びご依頼いただくようお願いいたします。

■懇親会
・例会終了後、簡単な懇親会を開催いたします。

■関東例会ウェブサイト
・関東例会のお知らせ、予定、報告記録を随時掲載しています。ご活用ください。
http://kantoreikai.blog.fc2.com/

■問い合わせ
・宮田敏之(関東例会担当、東京外国語大学) tmiyata☆tufs.ac.jp
・関東例会委員 kanto-reikai☆tufs.ac.jp(☆マークは@に変えてください)

2017年度関東例会発表報告者募集

東南アジア学会会員のみなさま

2017年度も東南アジア学会関東例会をよろしくお願いします。

さて、関東例会では下記のとおり、2017年度の報告者を募集いたします。多くの
方々のご応募をお待ちしています。特に締め切りは設定していませんが、早目の
申し込みをお願いいたします。

■2017年度東南アジア学会関東例会報告者募集

・関東例会では、コメントと質疑応答の時間を含め、各報告者に2時間という長
い持ち時間が与えられます。討論内容は記録され、後日、関東例会のウェブサイ
トに掲載されます。ご自身の研究のアピールの場として、また多様な関心を持つ
研究者からコメントやアドバイスを受ける場として、この貴重な機会をご活用く
ださい。

・報告者は東南アジア学会会員に限定いたします。
コメンテーターは学会員である必要はありませんが、報告者ご自身で依頼してい
ただくようお願いします。(どうしても探せない場合は担当理事までご相談くだ
さい)

・これまでの報告事例については関東例会ウェブサイトをご覧ください。
http://kantoreikai.blog.fc2.com/

■2017年度の関東例会 開催日程

2017年(平成29年)
第1回2017年4月8日(土)
第2回2017年5月20日(土)
第3回2017年10月28日(土)
第4回2017年11月25日(土)
2018年(平成30年)
第5回2018年1月27日(土)

毎回13時30分開会、17時45分閉会。1回につき2報告

■会場

・東京外国語大学・本郷サテライトです。
・第2回2017年5月20日(土)は4階セミナー室です。他の回は5階セミナー室を使
用します。
・住所:〒113-0033東京都文京区本郷2-14-10
・TEL&FAX:03-5805-3254
・アクセス:地下鉄(丸ノ内線・大江戸線)本郷三丁目駅下車徒歩5分
・会場へのアクセスは以下をご参照ください。
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

■報告・コメント・討論の時間
・報告者は1回につき2名、途中に休憩をはさんで、それぞれ報告60分、コメンテ
ーターによるコメント10分、フロアからの質問と討論50分を予定しています。

■応募方法
・関東例会で報告を希望される方は、関東例会連絡用アドレスの東南アジア学会
関東地区担当・宮田敏之まで、下記の情報を明記して電子メールでお申し込みく
ださい。

関東例会連絡用アドレス:kanto-reikai☆tufs.ac.jp (☆マークは@に変えてください)

<記載情報>

・氏名と所属
・発表を希望する日を第2希望まで
・報告題目(仮題目可)および報告要旨(300~400字)
・コメンテーター(氏名、所属、メールアドレス)
・報告記録者(氏名、所属、メールアドレス)
・希望する使用機器(Windowsノートパソコン、プロジェクター、レーザーポイ
ンターのご用意が可能です。その他の機材についてはご相談ください。)

■応募の取り扱い
・報告要旨を読んだうえで判断させていただきます。例会の運営上、報告の可否、
報告の日程についてご希望に添えない場合があります。また、要旨については書
き直しをお願いする場合もあります。ご了承ください。
・グループによる申請(ミニ・シンポなど)も受け付けていますのでご相談くだ
さい。

■報告記録
・関東例会では、例会の報告記録を、関東例会ウェブサイトに掲載しています。
これは、コメンテーターからのコメント、質疑応答のポイント、今後の課題等に
ついて、1200字から1500字程度でまとめたものです。
・報告記録は、報告者ご自身でまとめていただくか、あるいは報告者ご自身で報
告記録者を選びご依頼いただくようお願いいたします。

■懇親会
・例会終了後、簡単な懇親会を開催いたします。

■関東例会ウェブサイト
・関東例会のお知らせ、予定、報告記録を随時掲載しています。ご活用ください。
http://kantoreikai.blog.fc2.com/

■問い合わせ
・宮田敏之(関東例会担当、東京外国語大学) tmiyata☆tufs.ac.jp
・関東例会委員 kanto-reikai☆tufs.ac.jp(☆マークは@に変えてください)

2016年度関東例会発表報告者募集

東南アジア学会会員のみなさま

今年度も東南アジア学会関東例会をよろしくお願いします。

さて、関東例会では下記のとおり、2016年度の報告者を募集いたします。
多くの方々のご応募をお待ちしています。
特に締め切りは設定していませんが、早目の申し込みをお願いいたします。

■2016年度東南アジア学会関東例会報告者募集

・関東例会では、コメントと質疑応答の時間を含め、各報告者に2時間という長い持ち時間が与えられます。
討論内容は記録され、後日、関東例会のウェブサイトに掲載されます。
ご自身の研究のアピールの場として、また多様な関心を持つ研究者からコメントやアドバイスを受ける場として、
この貴重な機会をご活用ください。

・報告者は東南アジア学会会員に限定いたします。
コメンテーターは学会員である必要はありませんが、報告者ご自身で依頼していただくようお願いします。
(どうしても探せない場合は担当理事までご相談ください)

・これまでの報告事例については関東例会ウェブサイトをご覧ください。

http://kantoreikai.blog.fc2.com/

■2016年度の関東例会 開催日程

2016年(平成28年)
第1回2016年4月16日(土)
第2回2016年5月14日(土)
第3回2016年6月25日(土)
第4回2016年10月22日(土)
第5回2016年11月26日(土)

2017年(平成29年)
第6回2017年1月28日(土)

毎回13時30分開会、17時45分閉会。1回につき2報告

■会場

・東京外国語大学・本郷サテライトです。
・第1回4月例会2015年4月16日(土)のみ3階セミナー室です。他の回はすべて5階セミナー室を使用します。
・住所:〒113-0033東京都文京区本郷2-14-10
・TEL&FAX:03-5805-3254
・アクセス:地下鉄(丸ノ内線・大江戸線)本郷三丁目駅下車徒歩5分
・会場へのアクセスは以下をご参照ください。
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

■報告・コメント・討論の時間
・報告者は1回につき2名、途中に休憩をはさんで、それぞれ報告60分、コメンテーターによるコメント10分、フロアからの質問と討論50分を予定しています。

■応募方法
・関東例会で報告を希望される方は、関東例会連絡用アドレスの東南アジア学会関東地区担当・宮田敏之まで、下記の情報を明記して電子メールでお申し込みください。

関東例会連絡用アドレス:kanto-reikai@tufs.ac.jp

<記載情報>

・氏名と所属
・発表を希望する日を第2希望まで
・報告題目(仮題目可)および報告要旨(300~400字)
・コメンテーター(氏名、所属、メールアドレス)
・報告記録者(氏名、所属、メールアドレス)
・希望する使用機器(Windowsノートパソコン、プロジェクター、レーザーポインターのご用意が可能です。その他の機材についてはご相談ください。)

■応募の取り扱い
・報告要旨を読んだうえで判断させていただきます。例会の運営上、報告の可否、報告の日程についてご希望に添えない場合があります。また、要旨については書き直しをお願いする場合もあります。ご了承ください。
・グループによる申請(ミニ・シンポなど)も受け付けていますのでご相談ください。

■報告記録
・関東例会では、例会の報告記録を、関東例会ウェブサイトに掲載しています。
 これは、コメンテーターからのコメント、質疑応答のポイント、今後の課題等について、1200字から1500字程度でまとめたものです。
・報告記録は、報告者ご自身でまとめていただくか、あるいは報告者ご自身で報告記録者を選びご依頼いただくようお願いいたします。

■懇親会
・例会終了後、簡単な懇親会を開催いたします。

■関東例会ウェブサイト
・関東例会のお知らせ、予定、報告記録を随時掲載しています。ご活用ください。
http://kantoreikai.blog.fc2.com/

■問い合わせ
・宮田敏之(関東例会担当、東京外国語大学) tmiyata☆tufs.ac.jp
・関東例会委員
kanto-reikai☆tufs.ac.jp
(☆マークは@に変えてください)

2015年度関東例会発表報告者募集

本年度の報告者はすべて決定致しました。
多くの方々のご応募に心より感謝申し上げます。


東南アジア学会会員の皆様

今年度から、東京外国語大学の宮田が、東南アジア学会関東担当理事として来年度の関東例会の開催を担当することになりました。
例会委員として活動する院生ともどもよろしくお願い致します。

さっそくですが、関東例会では下記のとおり、2015年度の報告者を募集致します。
多くの方々のご応募をお待ちいたします。特に締め切りは設定しませんが、早目の申し込みをお願い申し上げます。

■ 2015年度東南アジア学会関東例会報告者募集
関東例会では、コメントと質疑応答の時間を含め、各報告者に2時間という長い持ち時間が与えられます。
討論内容は記録され、後日、関東例会のウェブサイトに掲載されます。
ご自身の研究のアピールの場として、また多様な関心を持つ研究者からコメントやアドバイスを受ける場として、この貴重な機会をご活用下さい。報告者は東南アジア学会会員に限定致します。
コメンテーターは学会員である必要はありませんが、報告者ご自身から依頼していただくようお願い致しております(どうしても探せない場合は担当理事までご相談下さい)。

■ 2015年度の例会 開催日時(1回につき2報告)
   ・第1回 2015年4月25日(土) 13時30分~17時45分
   ・第2回      5月16日(土) 13時30分~17時45分
   ・第3回     6月27日(土) 13時30分~17時45分 
   ・第4回     10月24日(土) 13時30分~17時45分
   ・第5回     11月28日(土) 13時30分~17時45分
   ・第6回  2016年1月23日(土) 13時30分~17時45分

■ 会場
東京外国語大学・本郷サテライト5階セミナースペースを使用致します。
*第5回11月例会のみ4階セミナースペースを使用

住所 〒113-0033東京都文京区本郷2-14-10
TEL&FAX 03-5805-3254

会場へのアクセスは以下をご参照下さい。
   http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

■ 報告・コメント・討論の時間
報告者は1回につき2名、それぞれ報告60分・コメンテーターによるコメント10分・ フロアからの質問と討論50分です。

■ 応募方法
関東例会で報告を希望される方は、関東例会連絡用アドレス、又は東南アジア学会理事(関東地区担当)宮田 敏之まで、下記の情報を明記して電子メールでお申し込み下さい。

[記載情報]
・氏名 所属
・発表をを希望する日(例:第1回、4月25日)
 *第2希望までお書き下さい。
・報告題目(仮題目可) 報告の要旨(300~400字)
・コメンテーター(氏名、所属、メールアドレス)
・報告記録者(氏名、所属、メールアドレス)
・希望する使用機器(例:パワーポイント)

関東例会連絡用アドレス kanto-reikai@tufs.ac.jp


■ 応募の取り扱いなど
例会の運営上、報告の可否、報告の日程についてご希望に添えない場合には、ご相談させていただくことがあります。ご了承下さい。グループによる申請も受け付けていますのでご相談下さい。

■ 報告記録
関東例会では、例会の報告記録を、関東例会ウェブサイトに掲載しています。
これは、コメンテーターからのコメント、質疑応答のポイント、今後の課題等について、1200字から1500字程度でまとめたものです。
報告記録は、報告者ご自身でまとめて頂くか、あるいは報告者ご自身で報告記録者を選びご依頼頂くようお願い致しております。


■ その他のお問い合わせも電子メールでお願い致します。
宮田敏之(東南アジア学会理事・関東地区担当、東京外国語大学東南アジア課程) tmiyata@tufs.ac.jp
関東例会委員(東京外国語大学院生) kanto-reikai@tufs.ac.jp

2014年度の報告者の募集

東南アジア学会会員のみなさま

東南アジア学会関東例会では下記のとおり、2014年度の報告者を募集いたします。多くの方々のご応募をお待ちしています。特に締め切りは設定していませんが、早目の申し込みをお願いいたします。

■2014年度東南アジア学会関東例会報告者募集
・関東例会では、コメントと質疑応答の時間を含め、各報告者に2時間という長い持ち時間が与えられます。討論内容は記録され、後日、関東例会のウェブサイトに掲載されます。ご自身の研究のアピールの場として、また多様な関心を持つ研究者からコメントやアドバイスを受ける場として、この貴重な機会をご活用ください。
・報告者は東南アジア学会会員に限定いたします。コメンテーターは学会員である必要はありませんが、報告者者ご自身で依頼していただくようお願いします(どうしても探せない場合は担当理事までご相談ください)。

■2014年度の関東例会 開催日程
2014年(平成26年)
・第1回 4月26日(土)
・第2回 5月24日(土)
・第3回 6月28日(土)
・第4回 10月25日(土)
・第5回 11月22日(土)
2015年(平成27年)
・第6回 1月24日(土)
毎回13時30分開会、17時45分閉会。1回につき2報告

■会場
・東京外国語大学・本郷サテライトです。
・第1回4月例会のみ4階セミナースペース、他の回はすべて5階セミナースペースを使用します。
・住所:〒113-0033東京都文京区本郷2-14-10
・TEL&FAX:03-5805-3254
・アクセス:地下鉄(丸ノ内線・大江戸線)本郷三丁目駅下車徒歩5分
・会場へのアクセスは以下をご参照ください。
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

■報告・コメント・討論の時間
・報告者は1回につき2名、途中に休憩をはさんで、それぞれ報告60分、コメンテーターによるコメント10分、フロアからの質問と討論50分を予定しています。

■応募方法
・関東例会で報告を希望される方は、関東例会連絡用アドレスの東南アジア学会理事(関東地区担当)青山亨まで、下記の情報を明記して電子メールでお申し込みください。

関東例会連絡用アドレス:kanto-reikai@tufs.ac.jp

[記載情報]
・氏名と所属
・発表を希望する日を第2希望まで(例:第1回4月26日、第2回5月24日)
・報告題目(仮題目可)および報告要旨(300~400字)
・コメンテーター(氏名、所属、メールアドレス)
・報告記録者(氏名、所属、メールアドレス)
・希望する使用機器(例:パワーポイント)

■応募の取り扱い
・報告要旨を読んだうえで判断させていただきます。例会の運営上、報告の可否、報告の日程についてご希望に添えない場合にはご相談させていただくことがあります。また、要旨については書き直しをお願いする場合もあります。ご了承ください。
・グループによる申請(ミニ・シンポなど)も受け付けていますのでご相談ください。

■報告記録
・関東例会では、例会の報告記録を、関東例会ウェブサイトに掲載しています。
これは、コメンテーターからのコメント、質疑応答のポイント、今後の課題等について、1200字から1500字程度でまとめたものです。
・報告記録は、報告者ご自身でまとめていただくか、あるいは報告者ご自身で報告記録者を選びご依頼いただくようお願いいたします。

■懇親会
・例会終了後は、周辺の店に場所を移して懇親会を開催しています。ご都合の付く方はぜひご参加ください。

■関東例会ウェブサイト
・関東例会のお知らせ、予定、報告記録を随時掲載しています。ご活用ください。
http://kantoreikai.blog.fc2.com/

■問い合わせ
・青山亨(東南アジア学会理事・関東地区担当、東京外国語大学東南アジア課程)
taoyama@tufs.ac.jp
・関東例会委員(東京外国語大学院生)
kanto-reikai@tufs.ac.jp

2013年度の報告者の募集

<2013年度関東例会 報告者募集のお知らせ>

関東例会では、現在報告者を募集しております。
報告枠の空きは以下の通りです。

第5回 11月例会(11月16日開催):残り1報告
第6回 1月例会(2014年1月25日開催):残り2報告


関東例会では、コメントと質疑応答の時間を含め、各報告者に2時間という長い持ち時間が与えられます。
討論内容は記録され、後日、関東例会のウェブサイトに掲載されます。
ご自身の研究のアピールの場として、また多様な関心を持つ研究者からコメントやアドバイスを受ける場として、
この貴重な機会をご活用ください。

報告者は東南アジア学会会員に限定いたします。
コメンテーターは学会員である必要はありませんが、報告者者ご自身から依頼していただくようお願いします。どうしても探せない場合は担当理事までご相談ください。

ご応募をお待ちしております。

2013年度の報告者募集

東南アジア学会会員の皆様

今年度から引き続き、東京外国語大学の青山が、東南アジア学会関東担当理事として来年度の関東例会の開催を担当することになりました。
例会委員として活動する院生ともどもよろしくお願い致します。

さっそくですが、関東例会では下記のとおり、2013年度の報告者を募集致します。
多くの方々のご応募をお待ちいたします。特に締め切りは設定しませんが、早目の申し込みをお願い申し上げます。

■ 2013年度東南アジア学会関東例会報告者募集
関東例会では、コメントと質疑応答の時間を含め、各報告者に2時間という長い持ち時間が与えられます。
討論内容は記録され、後日、関東例会のウェブサイトに掲載されます。
ご自身の研究のアピールの場として、また多様な関心を持つ研究者からコメントやアドバイスを受ける場として、
この貴重な機会をご活用下さい。報告者は東南アジア学会会員に限定致します。
コメンテーターは学会員である必要はありませんが、報告者ご自身から依頼していただくようお願い致しております(どうしても探せない場合は担当理事までご相談下さい)。

■ 2013年度の例会 開催日時(1回につき2報告)
   ・第1回 2013年4月27日(土)  13時30分~17時45分
   ・第2回    5月25日(土)  13時30分~17時45分
   ・第3回    6月22日(土)  13時30分~17時45分
   ・第4回    10月26日(土)  13時30分~17時45分
   ・第5回    11月16日(土)  13時30分~17時45分
   ・第6回 2014年1月25日(土)  13時30分~17時45分

■ 会場
東京外国語大学・本郷サテライト5階セミナースペースを使用致します。
*第5回11月例会のみ4階セミナースペースを使用

住所 〒113-0033東京都文京区本郷2-14-10
TEL&FAX 03-5805-3254

会場へのアクセスは以下をご参照下さい。
   http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

■ 報告・コメント・討論の時間
報告者は1回につき2名、それぞれ報告60分・コメンテーターによるコメント10分・ フロアからの質問と討論50分です。

■ 応募方法
関東例会で報告を希望される方は、関東例会連絡用アドレス、又は東南アジア学会理事(関東地区担当)青山亨まで、下記の情報を明記して電子メールでお申し込み下さい。

[記載情報]
・氏名 所属
・発表をを希望する日(例:第1回、4月28日)
 *第2希望までお書き下さい。
・報告題目(仮題目可) 報告の要旨(300~400字)
・コメンテーター(氏名、所属、メールアドレス)
・報告記録者(氏名、所属、メールアドレス)
・希望する使用機器(例:パワーポイント)

関東例会連絡用アドレス kanto-reikai@tufs.ac.jp


■ 応募の取り扱いなど
例会の運営上、報告の可否、報告の日程についてご希望に添えない場合には、ご相談させていただくことがあります。ご了承下さい。グループによる申請も受け付けていますのでご相談下さい。

■ 報告記録
関東例会では、例会の報告記録を、関東例会ウェブサイトに掲載しています。
これは、コメンテーターからのコメント、質疑応答のポイント、今後の課題等について、1200字から1500字程度でまとめたものです。
報告記録は、報告者ご自身でまとめて頂くか、あるいは報告者ご自身で報告記録者を選びご依頼頂くようお願い致しております。


■ その他のお問い合わせも電子メールでお願い致します。
青山 亨(東南アジア学会理事・関東地区担当、東京外国語大学東南アジア課程)taoyama@tufs.ac.jp
関東例会委員(東京外国語大学院生) kanto-reikai@tufs.ac.jp

2012年度の報告者募集終了のお知らせ

2012年度関東例会の例会は、残すところ11月例会、1月例会(2013年)となりましたが、全て報告者が決まりましたので、報告者の募集を終了させていただきます。

2012年度の報告者募集

東南アジア学会会員のみなさま

今年度から引き続き、東京外国語大学の青山が、東南アジア学会関東担当理事として来年度の関東例会の開催を担当することになりました。
例会委員として活動する院生ともどもよろしくお願いします。

さっそくですが、関東例会では下記のとおり、2012年度の報告者を募集いたします。
多くの方々のご応募をお待ちいたします。特に締め切りは設定しませんが、早目の申し込みをお願い申し上げます。

■ 2012年度東南アジア学会関東例会報告者募集
関東例会では、コメントと質疑応答の時間を含め、各報告者に2時間という長い持ち時間が与えられます。
討論内容は記録され、後日、関東例会のウェブサイトに掲載されます。
ご自身の研究のアピールの場として、また多様な関心を持つ研究者からコメントやアドバイスを受ける場として、
この貴重な機会をご活用ください。報告者は東南アジア学会会員に限定いたします。
コメンテーターは学会員である必要はありませんが、報告者者ご自身から依頼していただくようお願いします(どうしても探せない場合は担当理事までご相談ください)。

■ 2012年度の例会 開催日時(1回につき2報告)
   ・第1回 2012年4月28日(土)  13時30分~17時45分
   ・第2回      5月26日(土)  13時30分~17時45分
   ・第3回      6月23日(土)  13時30分~17時45分
   ・第4回      10月27日(土)  13時30分~17時45分
   ・第5回      11月24日(土)  13時30分~17時45分
   ・第6回 2013年1月26日(土)  13時30分~17時45分

■ 会場
   東京外国語大学・本郷サテライト5階セミナースペースを使用いたします。
   住所 〒113-0033東京都文京区本郷2-14-10
   TEL&FAX 03-5805-3254

   会場へのアクセスは以下をご参照ください
   http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

■ 報告・コメント・討論の時間
   報告者は1回につき2名、それぞれ報告60分・コメンテーターによるコメント10分・ フロアからの質問と討論50分です。

■ 応募方法
関東例会で報告を希望される方は、関東例会連絡用アドレスの東南アジア学会理事(関東地区担当)青山亨まで、下記の情報を明記して電子メールでお申し込みください。

 ・記載情報
  氏名 所属 発表をを希望する日(例:第1回、4月28日)*第2希望までお書きください
   報告題目(仮題目可) 報告の要旨(300~400字) コメンテーター(氏名、所属、メールアドレス)
  報告記録者(氏名、所属、メールアドレス) 希望する使用機器(例・パワーポイント)

 ・関東例会連絡用アドレス kanto-reikai@tufs.ac.jp


■ 応募の取り扱いなど
例会の運営上、報告の可否、報告の日程についてご希望に添えない場合にはご相談させていただくことがあります。ご了承ください。グループによる申請も受け付けていますのでご相談ください。

■ 報告記録
関東例会では、例会の報告記録を、関東例会ウェブサイトに掲載しています。
これは、コメンテーターからのコメント、質疑応答のポイント、今後の課題等について、1200字から1500字程度でまとめたものです。
報告記録は、報告者ご自身でまとめて頂くか、あるいは報告者ご自身で報告記録者を選びご依頼頂くようお願いいたします。


■ そのほかのお問い合わせも電子メールでお願いいたします。
   青山 亨(東南アジア学会理事・関東地区担当、東京外国語大学東南アジア課程)taoyama@tufs.ac.jp
   田中浩典・平田晶子・寺井淳一・生駒美樹(関東例会委員、東京外国語大学院生) kanto-reikai@tufs.ac.jp

2011年度の報告者募集

今期から関東例会の開催を東京外国語大学の青山が東南アジア学会関東担当理事として担当することになりました。
例会委員として活動していただく院生ともどもよろしくお願いします。

さっそくですが、関東例会では下記のとおり、2011年度の報告者を募集いたします。
多くの方々のご応募をお待ちいたします。特に締め切りは設定しませんが、お早目の申し込みをお願い申し上げます。

■ 2011年度東南アジア学会関東例会発表者募集
   関東例会では、コメントと質疑応答の時間を含め、各発表者に2時間という長い持ち時間が与えられます。
報告および討論内容は記録され、後日、学会のメーリングリストに流されます。
ご自身の研究のアピールの場として、また多様な関心を持つ研究者からコメントやアドバイスを受ける場として、
   この貴重な機会をご活用ください。発表者は東南アジア学会会員に限定いたします。
   コメンテーターは学会員である必要はありませんが、発表者がご自身で依頼していただくようお願いします(どうしても探せない場合は担当理事までご相談ください)。
   なお、これまでの「報告要旨」の取り扱いについては、これまでのやり方から変更があります。
   この下の、「【お知らせ】報告要旨の取り扱い」をご覧ください。

■ 2011年度の例会 開催日時(1回につき2報告)
   ・第1回 2011年4月23日(土)  13時30分~17時45分
   ・第2回     5月28日(土)  13時30分~17時45分
   ・第3回     6月25日(土)  13時30分~17時45分
   ・第4回     10月22日(土)  13時30分~17時45分
   ・第5回     11月26日(土)  13時30分~17時45分
   ・第6回 2012年 1月28日(土)  13時30分~17時45分

■ 会場東京外国語大学・本郷サテライト5階セミナースペースを使用いたします。 
   住所 〒113-0033東京都文京区本郷2-14-10 
   TEL&FAX 03-5805-3254
 
   会場へのアクセスは以下をご参照ください: http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

■ 報告・コメント・討論の時間構成報告者は1回につき2名、それぞれ報告60分・コメンテーターによるコメント10分・ フロアからの質問と討論50分という構成になります。

■ 応募方法関東例会で発表を希望される方は、関東例会連絡用アドレスの東南アジア学会理事(関東地区担当)青山亨まで、下記の情報を明記して電子メールでお申し込みください。

■ 連絡用アドレス kanto-reikai@tufs.ac.jp

■ 記載情報
 氏名 所属 報告を希望する月日(例:第1回、4月23日)*第2希望までお書きください 
   報告題目(仮題目可) 報告の要旨(300~400字) コメンテーターの氏名と所属、メールアドレス 希望する使用  機器(例・パワーポイント)

■ 応募の取り扱いなど例会の運営上、発表の可否、発表の日程についてご希望に添えない場合にはご相談させていただくことがあります。ご了承ください。グループによる申請も受け付けていますのでご相談ください。

■ 【お知らせ】報告要旨の取り扱いについて関東例会では、これまで毎回の発表の記録をとり、後日メーリングリストで「報告要旨」として配信していましたが、例会運営の負担の緩和と、より効果的な活動広報のために、以下のように、新しい方法を取り入れることにいたしました。

1. メーリングリストによる「報告要旨」をやめ、代わりに関東例会ウェブサイトを立ち上げ、「報告の記録」を掲載します。
2. 報告の記録をとることは原則としておこないません。
3. 若手研究者(院生クラス)には、報告のあと、1200-1500字程度の「報告の記録」を提出していただきます。これは、報告の要旨、質疑応答のポイント、とくに発表者にとって今後の課題と感じられた点をまとめたものです。
4.「報告の記録」は関東例会ウェブサイトに掲載します。
5. 若手以外の研究者が「報告の記録」を出していただくことは歓迎いたしますが、原則として、発表前に提出していただいた「発表要旨」をもって「報告の記録」に代えます。また、若手研究者の場合でも、事情で「報告の記録」を提出していただけなかった場合には同様とします。

■ そのほかのお問い合わせも電子メールでお願いいたします。
   青山 亨(東南アジア学会理事・関東地区担当、東京外国語大学東南アジア課程)taoyama@tufs.ac.jp
   田中浩典・平田晶子(関東例会委員、東京外国語大学院生) kanto-reikai@tufs.ac.jp
カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR